• ホーム
  • 睡眠が体に及ぼす影響は大きい

睡眠が体に及ぼす影響は大きい

2019年11月19日

体のダメージを修復して休息をもたらす睡眠は、その他の機能も持っており人の身体を健やかに保っています。
近年はストレスを抱える人の増加によって眠れなくなるケースや睡眠に関する何らかの悩みがある人も多くなりました。
そこで睡眠の健康に及ぼす影響を確認しておきましょう。

人は眠らないとどうなるのかという実験が行われたことがあります。
アメリカの睡眠が核のジャンルで、眠らなかった最高記録は264時間です。
当時の高校生が挑戦した実験で、経過する日数によって倦怠感、誇大妄想、幻覚、視力低下などの症状が起こり、最終的にはひどい記憶障害まで起こったと報告されています。
睡眠が健康に大きくかかわることが、よくわかる実験内容です。
実験が終わってから15時間程度ねむりつづけ、心身ともに後遺症が残らなかったのが幸いです。

また、ラットで行われた実験では、活動力の低下や感染症などを起こし、2週間後には敗血症を起こしたと記録が残っています。
眠るということは人以外でも、重要な役割を担っていることがわかるでしょう。

人は眠っている時間に細胞に起こったトラブルの修復をしているので、疲労感を癒すことができます。
また、体を休めることで免疫機構を回復させていることもわかっています。
免疫の働きは、感染症に対して有効なだけでなく、他の疾患の予防にも大きい影響を及ぼします。
美容ではお肌のゴールデンタイムと呼ばれるタイミングで、成長ホルモンが分泌され、体の健康維持に大きい役割を果たしています。
良質の睡眠がなければ、成長ホルモンの分泌がかなり減少するのが問題点です。

そのため、眠れないと悩んでいる人は、睡眠薬の処方を受けたり、メロセットなどの有効な医薬品を使用したりして眠ることが重要です。
脳の疲れが取れないと、精神的な疾患のリスクもあるので早期の治療・対処を始めることが推奨されます。
大きい影響が出てしまう前に、自分自身の睡眠を見つめ直してみましょう。
早い段階で対応策を取り始めると、改善するまでの時間や期間も長くはならないと考えられています。

睡眠を手助けする薬

メロセットは睡眠を促進する健康サプリとして人気があり、睡眠障害や不眠などに影響を発揮します。
有効成分にメラトニンを含んでおり、睡眠をコントロールしたい場合に有効です。
メロセットの具体的な効能は、時差ボケや睡眠障害の際にホルモンバランスを整えます。
それによって脈拍や体温を調整することができ、体調を整えることが期待できるわけです。
それ故睡眠リズムや生活リズムの乱れに悩む患者に適したサプリだと言えます。

メロセットの服用方法としては、成人の場合は1日1回の服用で大丈夫です。
目安は就寝前30分で1回の使用量が1~5ミリグラムとなります。
大きいストレスや睡眠障害の状況に応じて異なるので、服用には説明書に記されている項目に従う必要があります。
また、当サプリは睡眠促進と老化防止では服用方法が異なるので、医師や医療機関に相談の上、服用することが肝心です
メロセットは睡眠を促進する実験作用があるので、車の運転前には服用できません。

また、妊娠中や授乳中の女性は、服用を避けることが推奨されています。
加えて、成分のメラトニンに関しては、副作用による疲労や頭痛、性欲減退などの症状が報告されています。
特にメラトニンに対してアレルギー反応がある人は、絶対に服用を避けるべきです。
そして、現在、他の睡眠薬を服用している場合は、メラトニンが併用禁忌薬に該当することがあるので、かかりつけ医に相談する必要があります。

そもそもメラトニンは、動物や植物、微生物に存在するホルモンです。
動物の中で当成分は、血中濃度が1日の周期で変化しています。
メラトニンの生物学的な効果としては、メラトニン受容体の活性を通じて生成されるものです。
その他、広範囲に及ぶ強力な抗酸化物質の役割を果たしており、核DNAやミトコンドリアDNAを保護する役割があります。
それが精神や脳に影響を及ぼすわけです。