自分にあった薬を見極める必要があります

自分にあった薬を見極める必要があります

長期にわたって飲む必要がある薬だったり、常備薬として国内で購入するより安価だからと薬を個人輸入する方もいると思いますが、安易に購入し服用すると、自分には合わない薬だったりすると健康被害が出たりする危険性もあると思いますので注意が必要です。

もちろん、一度医師から処方された薬と同じ成分の薬を購入する分には、特に心配はいらないと思いますが、医師の診断を受けた事もなく、また、購入しようと思っている薬を一度も服用した事が無い場合は、自分に合う薬なのかを見極める必要があると思います。

初めは購入した薬を少量ずつ服用して自分の体質等に合っているかという確認を行って、大丈夫そうだったら、続けて服用していくなど、慎重に服用を進めていった方がいいと思います。

外国製の薬を個人輸入し、服用して何か副作用があっても補償されないということなので、安易に服用する事を控え、きちんと自分の体に合っているかを確認しながら服用するようにしていきましょう。

自分に合っている薬が見つかれば、病院に行く手間とかを考えると、個人輸入で薬を購入できると、時間も有効に活用できますもんね。

個人輸入できるジェネリック医薬品の魅力とは

皆さんはジェネリック医薬品をご存知ですか。

最近は病院に行くと、ジェネリック医薬品を処方してくれる病院も増えたと思います。

ジェネリック医薬品とは、簡単に言うと、特許が切れた先発医薬品を、開発した医薬品メーカー以外のメーカーが製造・販売する薬の事です。

日本におけるジェネリック医薬品は、厚生労働省から、先発医薬品と同量の有効成分が含まれており、同様の効果を得られると認められているそうです。

先発医薬品に比べ、開発費等のコストが抑えられているので、値段も安くなっています。

薬の個人輸入について

海外におけるジェネリック医薬品も同じ事が言えるので、薬を個人輸入しようと考えている人は、ジェネリック医薬品も視野に入れて薬を探してみると、国内で購入するより更に安く購入できるかもしれません。

大手の医薬品輸入代行業者では、アメリカの機関できちんと承認を受けているジェネリック医薬品を扱っている業者もあるので、参考にしてみても良いかもしれません。

外国の薬となると少し不安になったりしますが、アメリカでも承認されている薬なら、比較的安心して購入できますよね。

Comments are closed.